こんにちは さちりんです

 

 

 

ヨガをはじめて、誰でも感じると思います。

レッスン中にポーズをとったの後に『~アーサナ』って

インストラクターが言っているけど、どんな意味

なんだろう?

 

スポーツジムで、ヨガクラスのタイトルが『プラーナヤーマ』って

書いてあって、どんな意味?インド語?って思った事を

覚えています。

 

意味がわかればヨガをもっと楽しく体験でそうですね。

そこで、よく使うヨガの用語をいくつかご紹介します。

 

スポンサーリンク


 

ヨガ用語と意味

 

✦サンスクリット語

紀元前4世紀ごろ体系づけられたと言われています。ヨガの経典やマントラは、ほとんどがサンスクリット語で書かれているためヨガを知る上で必要不可欠な言語ではないかと思います。

 

✦ハタヨガ

ハ=太陽。タ=月。吸う吐くという意味を表しているそうです。

『ハタ』は、太陽と月、呼吸、陰と陽が一つに結ばれた意味をもつ。

精神に重心をおいて、体や呼吸を使って行うヨガ。

ポーズを行うヨガ全体を指しています。

 

 

✦プラーナ

5つある氣のひとつです。生命のエネルギーを表しています。

 

✦ナディ/ナーディ

プラーナの通る道のこと。気道。

 

✦スーリヤ

太陽の神のこと

 

✦スーリヤナマスカーラ

太陽礼拝のこと。12の連続したポーズを繰り返し行う。

 

✦丹田(たんでん)

おへその指三本下にある場所。気力が集まるとされているところ。

 

✦ヨギー/ヨギ/ヨーギ

ヨガの行者のこと。

 

✦ヨギーニ/ヨギニ/ヨーギン

ヨガをする女性のこと。

 

✦メディテーション

瞑想。心を集中させる練習。

 

✦マントラ

真言。心理の言葉。儀式のときに唱える。

神秘的な力。

 

✦シャンティ

平安。安らぎ。マントラのひとつ。

 

✦ウジャーイ/ウジャイ

勝利の呼吸。

 

✦キールタン/キルタン

インド版の讃美歌。オルガンのような楽器を

使って歌うこともある。

※インドへ行った時にみんなで歌いました。

ヨガスクールでも体験しました。

みんなで合唱するのですが、とても楽しいです。

 

✦サンカルパ

純粋な強い決意。意志。大願のこと

 

✦バンダ

ハタヨガの技法の一つです。のど、腹部、会陰部の三か所を引き締めること。

 

✦クンバカ

息をとめること。

 

✦サットサンガ

心理を求める人たちのこと。ヨガを学ぶ人たちの集まり。

ヨガをする人達が集まってお話したり、お茶会をするみたいな感じです。

 

✦サドゥー

修行者。遊行者。

 

✦アシュラム

ヨガを学ぶための道場。僧院のこと。

 

ヨガポーズの名前

 

✦アーサナ/アサナ

挫法とさまざまなポーズのこと。

 

✦ウトゥカタ

力強い。

 

✦ヴィラバトラー

シヴァ神の一本の神から生まれた

豪快な戦士の名前。

 

✦アンジャネーヤ

猿族の強壮な神様の名前。

 

✦ガルダ/ガルーダ

鳥類の王。鷲のこと。

 

✦ナタラージャ

『踊りの王』の意味。

 

✦チャンドラ

月、月神、輝き。

 

✦ゴムカ

牛の顔のこと。

 

✦マーラー

花輪のこと。

 

✦バッカー

鶴のこと。

 

✦マリーチ

賢者のこと。

 

まとめ

サンスクリット語って、英語とは違う響きで、

何となく心地よく聞こえませんか?

 

インストラクターが、完成形の後にポーズの名前を言います。

 

日本語の後にサンスクリット語、もしくは英語、

日本語だけの時もあるし、サンスクリット語だけの時もあります。

 

ポーズの名前は、動物(生き物)、植物で表現して

いるのが多いです。

 

意味が分かるとイメージも沸いて楽しくポーズを

とることが出来るのではないでしょうか。

 

 

最後まで読んで頂きありがとうございましたm(__)m

スポンサーリンク



【関連記事】レッスンを始める準備と注意点

【関連記事】ウォーミングアップ・ボーズ練習