こんにちは さちりんです

お尻のタルミ気になりませんか?

ヨガのポーズで解決しましょう(^.^)/~~~



ポーズの方法 弓のポーズ

①額をマットに付けて脚を伸ばしてうつ伏せになりましょう。

両手は体の横、体側です。

②額はマットに付けたまま、両膝を曲げましょう。

両手で両足首を掴み、太ももはマットに付けておきます。

③②のポーズで息を吸い、吐きながら上半身をマットから反らします。

太ももをマットから離し天井へ引き上げましょう。

 

この状態で2.3回呼吸を繰り返しましょう

 

吸うタイミングで胸、額をマットに付け、太ももをマットに付けます。

①のポーズに戻りましょう。

 

効果

腰が柔軟になり、筋肉に弾力がつくため、ヒップが形よくUPします。

内分泌腺が活発になりホルモンのバランスがとれる為、

肥満が防げることが期待できます。

背中と腰の筋肉が柔軟になる為、生理痛や腰痛が防げます。

 

※もう一つのポーズをご紹介します。

ポーズの方法

 

①マットの上にうつ伏せになりましょう。

②アゴをマットに付けて、両手を前方へ伸ばしましょう。

③鼻から吸って右手を天井へ上げ、左足も天井へ上げましょう。

この時、吸って息を止めましょう。

④5秒くらいしたら吐きながら手と脚をマットへ下しましょう。

⑤同様に、左手と右脚も行いましょう。

 

効果

お尻の筋肉が引っ張られてお尻がUPします。

血液が腰と下腹部に集まり、腰が軽くなります。

下垂してしまった肝臓を正常の位置に戻してくれます。

そして、肝臓の働きを活発にしてくれます。

 

まとめ

年齢とともにタルんでしまうお尻、でも諦めないで下さい。

毎日、行うのがいいのですが、気が付いた時に行っても効果はあります。

ゴロンと横になった時に、やってみて下さい。

でも、逆にやり過ぎは駄目ですよ。

腰に負担がかかるポーズなので傷めない様に気をつけましょう。

スポンサーリンク


最後まで読んで頂きありがとうm(__)m

 

 

【関連記事】生理痛や婦人病に効くポーズ

【関連記事】ヨガポーズ5選№7