こんにちは さちりんです



皆さん、今の時期体調はどうですか?

何となく頭痛がするとか、体がダルイとか、肩こりしてませんか?

運動不足や、ストレス、疲労がたまっているのが原因だったりしますね。

でも、原因はそれだけではないかもしれませんよ。

体にたまった毒素を、リンパマッサージをして解消しましょう。

 

ホットヨガのクラスでリンパクラスがあります。

温かいお教室でやるので汗がたくさん出ますよ!

 

もちろん常温で行っても汗は出ますよ(^^ゞ

ご自宅で日課にすると疲れも取れそうですね。

 

 

リンパについて

リンパがたまってるとか、リンパがドロドロなんて聞いたことありませんか。

何となくで、リンパの事って詳しくは理解していない方が多いようです。

私たちの体には❝リンパ管❞という管が、網の目のように全身に広がっています。

そのリンパ管の中に❝リンパ液❞が流れています。

このリンパ液は血管から濾(こ)し出された液体です。

細胞が出した老廃物などを回収して運搬してくれています。

リンパ管の中継点となる❝リンパ節❞で老廃物をろ過しながら

静脈へと戻っていくのです。

リンパ管 リンパ液 リンパ節 この三つをまとめてリンパ系といいます。

体にたまった要らないものを、浄化して運び出して、排水施設のような

働きをしてくれています。

 

こんなにも重要な働きを果たしいるにも関わらず、実は流れが滞って、

体内にたまりやすいのです。

それは、血液は心臓がポンプの機能を果たしていて、押し出してくれます。

しかし、リンパは心臓に当たらないのでポンプ機能がないため、

筋肉が働くときや、近くの血液が動くときの圧力を頼って流れるのです。

人任せじゃないと動かないリンパ。

現代ではストレス、冷え性、血行不良、リンパを押し出す力を

弱めてしまってますね。

 

リンパは体の中の水です。水は動かなくなると、汚いものを抱え込んでしまって、

それがたくさんたまって、大きな分子になってドロドロになっていきます。

解消しないと流れが悪くなり、体内に不要なものが滞留し、さまざまな

トラブルがおきます。

体のダルさや、慢性の頭痛に悩まさている方、もしかすると、ドロドロリンパが、

原因かもしれませんよ。

 

リンパの働き

老廃物を運搬

老廃物とは代謝の物産です。

細胞が酸素や栄養を取り込んでくれます。

そして、エネルギーを作り出すときに、水などと一緒に排出されます。

その後、静脈に取り込まれていくのですが、すべて受け入れてはくれません。

そこで、あふれた分の老廃物を引き受けて、静脈に代わって運搬します。

綺麗な状態にしながら、再び静脈に戻します。

リンパ管は渋滞道路の抜け道のようなものです。

免疫機能

細菌などを退治して、体を守ってくれる働きを持っています。

リンパ機能がフィルターの役目をしています。

細菌や老廃物を濾し取り、体に細菌が回って病気や風邪をひかないように

頑張ってくれているのです。

リンパが滞るとどうなるか

体内に余分な水分がたまる

抜け道で渋滞をしているのなら、留まっているしかありません。

リンパ管に入っていけない体液は、細胞の間に溜まってしまします。

そして、むくみとして現れます。

更に、水の重さで下へ下へと溜まっていき、体系を崩す原因になります。

老廃物や細菌でドロドロリンパに

リンパ液が体内に溜まるという事は、老廃物や細菌など、❝毒素❞も

たまるという事です。

お肌の調子が悪くなったり、風邪をひきやすくさせます。

老廃物の中には疲労物質も含まれているので、疲れやダルさ、

肩や首のコリもなかなか解消されません。

ドロドロのリンパはセルライトを作る原因にも繋がります。

 

リンパが滞ってしまう原因

運動不足

筋肉を動かせば、リンパは動いてくれますが、運動しないとリンパ管に圧力が、

かからず流れがとても悪くなります。

冷え性や低体温

体の体温が低い方は、血液の循環が悪いのです。

血液の圧迫によって流れるリンパ液も、流れが悪くなります。

ストレス

血液の流れをコントロールしている自律神経は、ストレスの

受けやすい場所です。

ストレスによって、血管は収縮して、筋肉も緊張して、

リンパの流れが悪くなってしまいます。

あまりトイレに行かない、塩分のとり過ぎ、汗をかかない、

加齢、これらはリンパの流れが滞ってしまう原因になります。

 

まとめ

リンパの流れが悪くなると、さまざまな不調がでてきますね。

運動する時間がない方、激しい運動が出来ない方は、

リンパマッサージで流れをスムーズにして、体の不調の悩みを

解消したいですね。

 

最後までお読みいただきありがとうございましたm(__)m

 

 

関連記事】食事について、ダイエット

【関連記事】ヨガのポーズで体を痛めないために