こんにちは さちりんです

スポンサーリンク


人間の基本構造は『3文節』意識しましょう


ヨガのポーズ(レッスン)は1日1回でいいんです。

だから、ヨガをしている数分間だけは、心身をひとつにして、

イメージを集中させて下さい。

 

頭で他の事を考えず、今、動かしている手の指先、足のつま先、

胸、腰などをハッキリとイメージして、ポーズをとりましょう。

 

体の硬い人や、ポーズが上手くできない人ほど、『雑なイメージ』を

してしまいます。

例えば、『上体を曲げる』場合、二つ折りの携帯電話をパタンと

閉じるイメージをすると、上体が曲がりません。

 

『伸ばす⇔曲げる』の2つの動きではなく、もうひとつ『中間の動き』を

イメージして『3文節で』動くことがポイントです。

 

昆虫が頭部ー胸部ー腰部の『3文節』の構造になっているように、

人間の体の基本構造も3文節です。

 

ヨガのポーズで上体を曲げる時は、最低でも『1文節』をイメージいましょう。

胸を曲げるには肩ー肘ー手首ー足を曲げるには足の付け根ー膝ー足首…3文節です。

 

より柔らかく、なめらかな動きになるには、デジカメの画素が多いほど

キレイな画面になるように3文節以上に細かくイメージしましょう。

 

自分の体を固まりから流れへ

 

体の硬い人ほど、自分の体をロボットなどと同じ『硬い機械』とイメージしています。

 

鉄やブロックでできている体…というイメージから、

『柔らかなみずみずしい、生きている体』にイメージを変換しましょう。

 

『生きている体』には、呼吸による『気息きそく』という風が吹き、

血液やリンパ液などの体液や気(生命エネルギー)の通り道(経絡けいらく)などの、

たくさんの川が流れています。

 

自分の体のイメージを固まりから『流れ』へ変換させることが、

ヨガを効果的にするポイントです。

 

ポーズを静止した時に、呼吸しながら『流れ』を30秒間集中的に

イメージすることが、心身の効果を高めます。

 

さらに『健康でスリムになった自分』、『こうでありたい未来像』を

いつもイメージしていること潜在意識や体が協力して、あなたの願いを

実現していってくれるでしょう。

まとめ

思い込みって怖いですね。できない!!って思っていると本当に

できないし、できる!!って思っているとできたりしますよね。

頭の中でイメージするって、とっても大事ですね。

 

ヨガをはじめて、私は体が硬いわ!なんて思わないで、

ご自分の体は、柔らかいんだ~って思いながらレッスンしましょう。

 

きっと早く難しいポーズもできちゃいますよ(^^♪

 

最後までお読みありがとうございましたm(__)m

 

 

スポンサーリンク


【関連記事】心の思い方と持ち方

【関連記事】ヨガインストラクターになるまで