こんにちは さちりんです

今日はクリスマスですね🎅🎄

楽しくお過ごし下さいませ(*‘ω‘ *)
スポンサーリンク


ねじりのポーズ

・マットの上に両足を伸ばして座りましょう。

・右足をマットに立て左ひざの横に置きましょう。

・左脚は伸ばしたまま、親指を天井に向けて足首を90℃にします。

・お尻の下にあるコリコリした座骨が、左右平均にマットに置きましょう。

・お腹を締めて、お尻の真ん中にある仙骨を天井へ引き上げましょう。

・背中を真っすぐ、背中が丸まらないように注意しましょう。

・右手をカップハンドにして、お尻の後マットに付けます。

・左手を天井にあげて、振り落としながら右膝に左肘をに引っ掛けましょう。

・お顔は正面、鼻から吸って吐きながら左肘で膝を押しながら右の壁を見ましょう。

・さらに、鼻から吸って吐きながら後ろの壁を見ましょう。

・お腹をねじると呼吸がしづらくなりますが、浅くてもいいので、吸って吐いてを繰り返しましょう。

・4回呼吸をして、吐く息に合わせてゆっくりお顔を正面に戻しましょう。

・反対側も同じように繰り返しましょう。

≪効果≫

・背中をねじる事により、背骨を柔軟にし、背骨の歪みや体のねじれを取ってくれます。

・脊椎(せきつい)への血行がよくなり、脊椎から出ている神経に働きがスムーズになります。

・自律神経のバランスがとれます。

・また、腰痛や神経痛を治し、ウエストが細くなる効果があります(^^)

≪意識集中点≫

・脊椎(せきつい)への意識を集中して、脊椎が柔軟になります。

・体の歪みが少しづつとれていくと思いながら行いましょう。

≪思い方≫

・体の歪みがとれれば、内臓の働きもバランスよくなります。

・歩き方、座り方に気を配りましょう。

・足を組んだり、肘をついたりしないように、バックも左右平均に持ちましょう。

・たまにバランスポーズを行うのもいいですよ。

まとめ

・体の歪みは姿勢をよくすれば、だいぶ改善されます。

・マッサージや整骨院へいっても、ご自分の座り方、歩き方の癖を治さないと、中々改善されないと思います。

・このポーズはやり過ぎると背骨に負担がかかりやすいので、キープを長く1日1回でもいいと思います。

・終わった後は、腰を丸めて休ませてあげましょう。

 

最後まで読んで頂きありがとうございましたm(__)m

 


人気ブログランキング

 

スポンサーリンク


関連記事】ヨガポーズ5選№8

【関連記事】ヨガポーズの名前