こんにちは さちりんです、

神経痛に効くヨガのポーズをご紹介します。

スポンサーリンク


 

鳩のポーズ

・マットの両手をついて、両脚を立てて広めに開いて座りましょう。

・右のカカトを恥骨の位置に合わせましょう。

・左足をちょっとだけ頑張っマットに立て手を使って、左肘に足の先をひっかけましょう。

※脚が痛かったり違和感がある方は、無理に立てないで、左の脚の裏を半分お尻で踏みましょう。

・次に頭の後ろで両手を組みましょう。

・吸って吐きながら左に体を傾けましょう、

・肘を耳より後ろへ引き胸を開きましょう。

・視線は右肘先を見ましょう。

・鼻から吸って、吐いて繰り返しましょう。

・余裕があれば、更に体を左に傾けあばら骨の間を広げるように呼吸をしましょう。

効果

脊柱を柔軟にし脊柱の歪みもとれます。神経の圧迫がとれて神経痛を治してくれます。

あばら骨が伸ばされ、腸のコリもとれます。そして、腸の働きを正常にしてくれます。

意識集中点

伸ばしているわき腹に集中しわき腹の筋肉が伸ばされ、腹部のコリが取れていくと思いながら行いましょう。

まとめ

このポーズは腰が反りやすいので、反り過ぎに注意しましょう。

両肘が前に傾かないように、胸を天井の方に向けるようにして、肘を大きく広げましょう。

バランスが取りづらい方は、正座や、安楽座の姿勢からはじめてみましょう。

 

最後まで読んで頂きありがとうございましたm(__)m

 


人気ブログランキング

 

スポンサーリンク


 

【関連記事】サラサラリンパにしましょう①

【関連記事】リンパマッサージでサラサラリンパ②