こんにちは さちりんです

スポンサーリンク


ストレスと味覚異常が太る原因

現代では痩せたい!痩せたい!と思っている人が大勢います。

肥満はいろいろな病気を引き起こす原因になるので、太り過ぎは体によくはありません。

なかには全然太っていないのに病的に痩せようと過激なダイエットをして心と体をボロボロにしてしまう若い女性も少なくありません。

太り過ぎの人にはダイエットをおススメできますが、痩せすぎの人にはあまりおススメできません。

 

ご自分でベスト体重を確認してみて下さい。

 

太る原因

単純に消費カロリーよりも摂取カロリーが多いのです。

食べ過ぎの原因としてはストレスと味覚異常がほとんどなのをご存知でしたか?

 

お腹がいっぱい、お腹があまりすいていないのに、好きな食べ物なら食べてしまうのは人間だけみたいです。

野生の動物はお腹がすいていない時は食べません。

人間はお腹がすているから食べるというより、味覚を優先して食べいるからです。

日常の不安やストレスを食べることで解消している人も多くいます。

不安やストレスの原因を探し、解決できたとき暴飲暴食の欲求から解放され短期間で体重が減った人もいます。

味覚異常の人は早食いをしてしまいます。油っこいものや濃い味付けを好みがちです。

味付けが濃いとご飯が進んで、ついつい食べ過ぎます。

お料理の味付けを薄くすると、自然と食べる量も抑えされます。

濃い味付けしか食べられない人は、正常な味覚に戻すよう努力してみましょう。

 

食事の前に痩せる呼吸をしましょう

 

瞑想呼吸を行うと心が落ち着くので、食べ過ぎを防ぐ効果があります。

呼吸で潜在意識を目覚めさせ痩せる方向へ導いてくれます。

深く考えずに気楽な気持ちで始めてみましょう。

 

痩せる呼吸の手順

呼吸をする前に首を回したり軽くストレッチをして下さい。

椅子に座ったり、安楽座や正座、ご自分の好きな座り方を選んで下さい。

頭の中でイメージしましょう。

 

あなたは白い砂浜の上の座っています。目の前には青い海が広がっています。

水面から朝日が昇ってきました。朝日の光があなたの体を照らしているのをイメージしましょう。

朝日をイメージしてからはじめましょう。

 

・丹田(オヘソから指三本下の位置)に両手を重ねて軽く当てましょう。

・ゆっくり鼻から息を吐きながら30度~45度前方に、上半身を倒していきましょう。

・一呼吸息を残した状態で、お尻の穴を一瞬締めましょう。

・肛門を締めたと同時に丹田がへこむのを感じましょう。

・肛門を一瞬締めたら緩めます。

・吸いながら上体を起こしましょう。

 

1回30~40回、1日100回を目安に行いましょう。

そんなに難しくないので、誰でも続けられます。

 

まとめ

太る原因、食べ過ぎる原因はストレスが大きく関わっているような気がします。

コンビニに行けばいつでも好きな食べ物が手に入りやすいので、なんとなく買ってそんなに食べたくないのに食べてしまっているような気がしませんか。

頭の中で美味しいから食べるではなくお腹がすいてからバランスの取れた食事を心がけたいですね。

肥満を気にしている人は、ちょっとした生活習慣を変えることで簡単に痩せられるかもしれませんよ。

どんな物を多く好んで食べていたかを振り返って改善していきましょう。

 

最後まで読んで頂きありがとうございましたm(__)m

スポンサーリンク



人気ブログランキング