こんにちは さちりんです

久しぶりの投稿になってしまいましたm(__)m

スポンサーリンク


 

呼吸で頭・心・体をひとつにしましょう

 

ヨガと体操って似ているけど何処が違うのかしらって、思っている人が多いと思います。

 

体操は頭と体は別物になります。

頭が体を操るのが体操です。

 

それに対して4000年前からインドで行われているヨガは現代人がバラバラに感じている頭・心・体をひとつに結び付け、体の内部に眠っている人間の潜在的な能力を開花させてくれます。

 

ヨガのポーズはストレッチ体操で、瞑想はイメージやトレーニングと切り離している人が多くいます。

 

しかし、本来はひとつなのです。

 

このように別々に行うことは効率が悪いと考えているのがヨガです。

 

体と心を結ぶのが呼吸です。

 

ポーズ→体

呼吸法→気

気瞑想→心

 

 

深い呼吸で気・血液の流れ・神経・筋肉・関節をイメージしながら体の瞑想としてヨガのポーズを行います。

 

ヨガのポーズで完成形の後にキープしますよね。

 

その時、静止状態で外から見ると動いてませんが、内部はイメージ・呼吸・気が動いていて、とっても忙しいのです。

 

今日の夕飯のメニューどうしようかな?ねんて考えている暇はありません。

 

テレビを観ながら、体を機械のように動かすのでは見た目は似ていても効果は半減してしまうのです。

 

量よりも質を大切にしましょう

ヨガはスポーツではないので、他人と競争はしません。

 

他人の呼吸に合わせて、自分の呼吸を忘れないように。

 

自分を大事に出来ない人は、他人も大事に出来ないものです。

 

自分の心・体・呼吸・イメージを結び合わせるから、心身が穏やかになり健康になり、自分で自分を癒してくれるのです。

 

仏教の修行法で悟りを体操する方法として伝えられた体を味方にした気づきが得られます。

 

海外では富と名誉を得たハリウッドのセレブ達も競争社会の中で、欠けているものを得る方法としてヨガを行いブームになっているのかもしれませんね。

 

体操のように何回も量をこなせばいいのではなくて、一回の質を高めポーズに心と体を集中させましょう。

 

ひとつのポーズを正確に丁寧にゆったりとした呼吸に合わせて動きましょう。

 

そして、完成ポーズで静止した時は気の流れを感じ深い呼吸を続けましょう。

まとめ

ダラダラと何も考えずに体を動かすよりも、ご自分の体をよく見て体の内面から湧き出るエネルギーや血液がグルグルと体の中をめぐっていく様子などをイメージしながらポーズを取ると効果が倍増しそうですね。

 

いままで、ダラダラと何となく行っていたヨガを変えてやってみて下さい。

 

体の変化を感じられるかもしれませんね(^^)/

 

最後まで読んで頂きありございましたm(__)m


人気ブログランキング

スポンサーリンク


 

【関連記事】ヨガと呼吸